アンエアン 妊娠中

アンエアンは妊娠中や授乳中・産後に使えない!?アレルギーなどの危険性は?

アンエアンは「シミが薄くなった!」「肌がキレイになったねと言われた!」なんて口コミやSNSで話題になっています。
アンエアンがそんなにシミに良いなら体質の変化によってシミができやすくなる妊娠中や授乳中・産後に是非使いたいですよね。

 

でも「妊娠中や授乳中・産後だとちょっと不安があるなあー」と思う方もいます。
そこで妊娠中や授乳中・産後でもアンエアンが使えるのか解説していきます。

 

妊娠中や授乳中・産後はシミができやすい!?

妊娠中は特にホルモンの変化によって色素沈着します。
乳頭、乳輪、外陰部の色が濃くなると言われますよね?それが色素沈着が原因になっています。

 

顔にできるシミも同じく色素沈着しやすい時期と言えるのです。

 

アンエアンを妊娠中から使っていた方の口コミ

40代女性

 

妊娠中からアンエアンを使っています。
子供は3人目ですが、わたしの場合、妊娠中は超敏感肌になってしまって基礎化粧品はヒリヒリして使えるものが少なくて

 

でもこのアンエアンは妊娠中の敏感肌にも問題なく使えました。
産後にシミが出てきたのですが、夜寝る前にシミの部分に集中美容液として使ったらシミも消えました。

 

オールインワンとしても集中美容液としても使えるの本当に便利です。

 

妊娠中にはオールインワンとして、産後は集中美容液としてシミ改善に役立った方の口コミでした。
1本で5役として使えるのでとても便利ですね。

 

アンエアンは妊娠中・授乳中・産後に使えるの?

口コミからも分かるとおりアンエアンは妊娠中・授乳中・産後でも問題なく使用することができます。
妊娠中の敏感な肌でも使える優しい処方となっているし、ホルモン変化で出来てしまったシミを改善することもできます。

 

さらに1本で5役使えるので忙しいときにもピッタリです。
アンエアンは妊娠中や授乳中・産後にこそ使って欲しい商品ですね。

 

使用するときの注意点

アンエアンは妊娠中の敏感になっている肌でも使えますが、アレルギーには注意してください。
どんな成分にもアレルギーをもつ方は少なからず存在します。

 

有効とされる成分の中にアレルギーになる成分が無いか確認してくださいね。

 

アンエアン成分
  • アルブチン(コケモモ)
  • カモミラエキス-1(カモミール)
  • グリチルリチン酸2K
  • POE(60)硬化ヒマシ油(トウゴマの種子)
  • マロニエエキス(セイヨウチノキ)
  • オウバクエキス(キハダの樹皮)
  • グリコシルトレハロース(トウモロコシ)
  • タイムエキス-1
  • キウイエキス
  • チンピエキス(ウンシュウミカンの果皮)
  • プルーン酵素

 

さらに、パッチテストを必ずすることをオススメします。
また通販サイトやヤフオク・メルカリでの購入はせずに公式サイトから購入するようにしましょう。

 

万が一肌にトラブルがあった場合などにしっかりと相談できるのは公式サイトだけです。

 

まとめ

アンエアンは妊娠中や授乳中・産後にこそ使っていただきたい商品だということがわかっていただけましたね。
ですが過敏になっているからこそ慎重にアレルギーの確認・パッチテストを行ってくださいね。

 

公式サイトでは商品に関するお問い合わせができるので心配な方は相談することを強くオススメします。
安全・安心にアンエアンを使って美肌を目指しましょう。

 

安全・安心に購入できる公式サイトはこちら
>>公式サイトへアクセスしてみるアンエアン妊娠中

 

このページの先頭へ戻る