アンエアン シミウス

アンエアンとシミウス買うならどちら?【比較してわかったこと】

アンエアン シミウス

アンエアンはシミ対策薬用美白美容液です。今回、比較するのは人気実力ともNo.1のシミウスです。

 

シミウスはシミに特化した医薬部外品。アットコスメの口コミ評価も7点満点中5.1点という好評価、女性誌でもたくさん掲載されていて2011年8月発売のロングセラー商品です。

 

ネーミングからいかにもシミが薄くなるアイテムという感じがしますが、主成分はプラセンタエキスで、美白の他にアンチエイジングや保湿の効果も期待できるアイテムです。

 

アンエアンとシミウス、シミがお肌悩みの方はどちらを選べばいいか悩みますよね。

 

理想は両方試してみて、自分の肌に合う方を選ぶことです。

 

その前にアンエアンとシミウスの情報をしっかり頭に入れておきましょう。

 

アンエアンとシミウスの特徴

共通点と相違点にわけてみました。

 

共通点

  • 医薬部外品で薬用美白有効成分を含んでいる
  • 公式サイトにはいつでも解約できて返金保証がついている定期コースがある
  • どちらもオールインワン
  • それぞれ独自技術をもっている

 

相違点

  • 薬用美白有効成分が違う
  • 初回の割引率と2回目以降の割引率が違う
  • 返金保証期間が違う
  • オールインワンで兼ねられる数字が違う
  • 使い方が違う

 

アンエアンとシミウスの比較

アンエアンとシミウスの成分や使い方、コスパを比較してみました。シミ対策のオールインワン選びの参考にしてください。

 

成分の比較

アンエアンの薬用美白成分はアルブチンとビタミンC(安定型ビタミンC誘導体)で、シミウスはプラセンタエキスです。

 

アルブチンはメラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑えて、シミができるのを予防する効果が期待できます。

 

ビタミンCには抗酸化作用と還元力があって、できたシミを薄くする効果が期待できます。

 

アルブチンとビタミンCを一緒にとると美白効果が倍増することがわかっています。

 

シミウスに含まれているプラセンタエキスにはアンチエイジングや保湿効果もあって、トータルで肌力を上げてシミを改善していく成分です。

 

どちらも「シミに特化した」オールインワンといわれていますが、シミに対して直接的に働きかけるのはアルブチンとビタミンCの2倍配合です。

 

シミウスはヒアルロン酸Naや水溶性コラーゲンといった保湿成分も含んでいて、シミだけではなくシワやターンオーバーの改善といったトータルな美肌が目的になっています。

 

使い方の比較

アンエアンは1本で5役のオールインワンで、使い方は朝も夜も洗顔後、アンエアンをつけるだけの簡単さ。

 

それなのに、良い口コミでは「潤いが続く」「もっちり」「しっとり」という言葉が聞けます。

 

シミウスの使い方は、シミウスをぬって美白マッサージを3分するという使い方です。

 

時短ケア重視ならアンエアンで、マッサージをするのに抵抗がない方はシミウスに向いていますね。

 

コスパの比較

アンエアンの公式サイトにある定期コースの特典は5つ。

初回69%offで2,490円(税別)
2回目以降38%off)で4,980円(税別)(購入回数に応じた割引あり)
解約に回数の縛りなし
全国どこでも送料無料
初回90日間返金保証つき

 

シミウスの公式サイトにある定期コースの特典は4つ。

20%offの価格がずっと続く(通常価格4,743円(税抜)が3,795円(税抜)になる)
送料無料
解約はいつでも可能
1個使い切ってもOKで30日間返金保証

 

美白美容液の場合、3ヶ月から半年続けると効果を実感できるといわれているので、単純計算で半年間続けたとしたら

  • アンエアンは初回分2,689円(税込)+5,378円(税込)×5=29,581円
  • シミウスは4,098円(税込)×6=24,591円

5,000円ほど違ってきますね。アンエアンには購入回数に応じた割引がありますが、どの程度になるかはわかりません。

 

まとめ

まだまだ比較する点はありますが、成分、使い方、コスパを比較して、あとは実際に試してみて自分の肌に合って使いやすくてコスパがいいと思える方を選ぶといいでしょう。

 

ただ、成分からみると、シミの予防からシミの還元まで力をいれているのはアンエアンの方です。

 

シミ消しが目的なら、アンエアンを3ヶ月から半年お試しすることをおすすめします。

 

シミだけではなく肌力をアップして総合的に美肌をめざしたいなら、シミウスを3ヶ月から半年お試しすることをおすすめします。

 

どちらも甘草エキスを含んでいるので、敏感肌対策としては同じです。

 

>>アンエアンについて詳細をチェックしてみるアンエアンシミウス


このページの先頭へ戻る